2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レザーハーフソール+底縫い+ハーフソール補強 (チャーチ)

20150731192846aec.jpg
内羽根のフルブローグ・・・

201507311928503e7.jpg
“Church's”です。

20150731192847629.jpg
ウエルトとソールの間に隙間がみられます。

20150731192851b50.jpg
以前にハーフソールで補強されています。
その際つま先部分がすり減った状態で補強されたのか、
つま先あたりの底縫いに糸切れが見受けられます。

201507311929173a3.jpg
つま先以外にも隙間が見られましたので、革底を部分的に切り取って、

201507311929180a3.jpg
新しく革のハーフソールで補強し、底縫いの溝を掘り、

20150731192920e53.jpg
底縫いをかけて、

20150731192921094.jpg
糸切れを防ぐのと、底のすり減りを軽減する目的でハーフソールを貼りました。

20150731192922231.jpg
これでまたしっかり履けますね。
オールソール以外に部分的な修理も可能です。
予算もオールソールに比べるとお安く修理できます。


スポンサーサイト

ハーフソール

201507221727158ae.jpg
雨の日に履くと底縫いの部分から、しみ込んでくるそうです。
革底なので底の補強もかねて、

20150722172717116.jpg
ハーフソールで補強しました。

2015072217271916c.jpg
ソールの外側が特に減りやすい方でしたので、
内側に比べて、外側をヒール方向に覆うようにソールを貼りました。

*雨で濡れている場合、数日お預かりさせていただきます。


デッキシューズ 紐抜け修理

2015071710111708a.jpg
差し込まれていた革ひもが抜けてしまっています。

20150717101118358.jpg
このまま差し込んでもまた抜けしまいそうですので、

20150717101120cf1.jpg
中を開いて、革ひもより幅広の革と補強テープを革ひもに縫い付け、

20150717101121728.jpg
中に接着でとめて、

20150717101144916.jpg
元に戻して、開いた箇所を縫いなおして完成です。
革ひもが切れるとかがない限りは、なかなか抜けないと思います。

サンダルの鼻緒修理

20150711163142389.jpg
鼻緒が付け根からごっそり抜けてしまっています。

201507111631439fc.jpg
このまま差し込んでもまた抜けてしまいそうなので、

20150711163144e49.jpg
底を開きましたが、中底が紙芯でぼろぼろになってしまっています。

20150711163145d92.jpg
薄い革をあてて中底を補強しました。
(写真が上の写真と反転しています・・・)

201507111632060ad.jpg
鼻緒部分は抜けにくいように鼻緒より幅のある革をと補強テープを縫い付けました。

20150711163207fc8.jpg
底を戻して完成です。

ヒール製作(スポンジ)

20150710194757029.jpg
トップリフトの片減りが気になりますね。

20150710194800d0b.jpg
トップリフトのみで交換でいける・・・と思いましたが

2015071019480038a.jpg
ヒールベースのスポンジ部分がすれて丸くなってしまっていましたので、

20150710194802a03.jpg
ヒールベースをまるごと取り除き、

20150710194827d26.jpg
同じようにスポンジ素材でヒールベースを作りなおして、

20150710194828464.jpg
トップリフトを取り付けて完成です。

20150710194838fcb.jpg
丸みもなくなりしゃきっとなりました。

20150710194833917.jpg
トップリフトにはVibramエクスプローションヒールを使用しました。


履き口裂け+腰裏

20150702171702204.jpg
履き口部分がぱっくり裂けてしまっています。

2015070217170452a.jpg
ライニングまでパックリです。

2015070217170822d.jpg
裂けている箇所を補強テープなどを内蔵し、
上から革をあてました。

20150702171705259.jpg
腰裏部分も新しく革をあてて修理しました。

20150702171707ad0.jpg
今回は左足のみ修理しました。
遠目には目立たないでしょう・・・
今後はできるだけ靴べらを使用していただけると・・・
さらに永く愛用できると思います。

ハーフソール(薄目)

20150630140322ffc.jpg
ハラコのレオパード柄の目を引きそうな紳士靴ですね。
革底です。

201506301403236e1.jpg
ヒールリフトも全面革なので履きはじめは、かなり滑りそうです。

20150630140327287.jpg
ハーフソールを貼って減り止め滑り止め対策です。

201506301403259f8.jpg
ヒールリフトは革の表面を荒らして履きはじめの滑りを少しでも軽減。
(1枚ゴムを貼り足す方法もございますが、少し靴のバランスがかわります。)

Vibram1100ヒール

201506251723565af.jpg
いきなり修理過程の写真から。
ヒールベースまですり減っていたのでまず革で厚みを戻しています。

20150625172430a6f.jpg
今回はVibram1100のヒールを使用しました。

201506251724280a1.jpg
厚みを戻した部分もインクを塗って目立たなく仕上げています。

201506251723586de.jpg
約20mm厚 耐久性にもすぐれています。

2015062517235716e.jpg
約8mm厚のタンクヒールもございます。

ソールに穴が・・・

20150613173035420.jpg
ソール部分に穴があいてしまっています。

201506131730337be.jpg
底縫いの糸も数カ所きれてしまっていますが、
今回は穴を埋めてソールで補強という方法で修理となりました。

2015061317303663b.jpg
穴の開いた箇所を埋めています。

20150613173038557.jpg
ソールを貼って完成です(今回は当社オリジナルソールを使用)
トップリフトもあわせて修理しています。

20150613173039890.jpg
オールソールや革ソール底縫いといった選択肢もありますが、
お客様のご要望に合わせて修理方法をご提案させていただいております。

今日もヒール製作

20150612205300d7c.jpg
修理前の写真を撮り忘れましたので、いきなりですが、外してヒールを製作している写真から。

201506122053024b0.jpg
今回はもともとのヒールベースの1層目はそのまま使用し、
ヒールを作り直しました。

201506122053035a0.jpg
ヒールを固定して完成です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

訪問者

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
靴修理 (1)
婦人靴 (28)
中張り (7)
紳士靴 (12)
BIRKENSTOCK (3)
スニーカー (1)
オールソール (7)
商品紹介 (2)
お知らせ (3)
合鍵 (1)
材料紹介 (3)
クラークス (2)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

mqniji

Author:mqniji
ミスタークイックマン
なんばウォーク店です
お問い合わせはこちらへ↓
info@misterquickman.com

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。