2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BALLYの婦人靴のハーフソール交換

20150731192820043.jpg
BALLYです

20150731192819d81.jpg
長い間履かずにしまっておいたそうで、
もともと付いていたハーフソールがはがれてしまっています。
ゴムも縮んでしまっているので交換します。

20150731192821041.jpg
同じぐらいの厚みのVibramハーフソールを使用しました。

201507311928238ce.jpg
当店では、Vibramハーフソールは、クロ・ベージュ・濃い茶の3色ご用意しております。


スポンサーサイト

DOLCE&GABBANAの婦人靴にハーフソール補強

20150725180224d6e.jpg
DOLCE&GABBANAの婦人靴です

20150725180226ddf.jpg
革底です
ハイヒール系の婦人靴の革底は薄いものが多くこのまま履くとすぐすり減ってしまうので、
滑り止めもかねて、

20150725180244274.jpg
ハーフソールを貼りました。

20150725180242260.jpg
今回は当社オリジナルのハーフソールを貼りました。


サンダルのストラップぬけ修理

20150712181848ab0.jpg
本日は、夏場になると増える修理、ストラップのぬけ修理のご紹介です。

20150712181850d63.jpg
ウエッジの靴は底が曲がりにくいためか、
歩行時に負荷のかかりやすいストラップがぬけて、
修理依頼されることが多いです。

20150712181852046.jpg
一旦、底をひらいてストラップを外し、
革と補強テープでストラップを輪になるようにつなぎ、

20150712181853ff2.jpg
元の位置に戻して、

201507121818544a2.jpg
底を接着しなおして完了です。
よっぽどのことがない限り、ストラップがぬけることはないはずです・・・

ヒールの巻替え修理 + ハーソール(赤)

20150707165624a50.jpg
本日の修理依頼は・・・

2015070716562789d.jpg
引っ掛けたのでしょうか・・・
ヒールの巻革部分がめくれ上がってプラスチックのヒール部分が見えてしまっています。
(気づかない間にこうなってしまった経験の方も多いのではないでしょうか・・・)

20150707165626024.jpg
ソール部分も革底で滑りやすいそうです。

201507071656493e9.jpg
ヒール部分は似たエナメルの革で巻き直しました。

20150707165652ae7.jpg
ソールはハーフソールで補強しました。
今回は元のソールに近いカラーソール(赤)を使用しました。

20150707165650d00.jpg
艶やかなハイヒールに赤いソール、おしゃれな靴ですね。

20150707165653b20.jpg
カラーソールは赤、青、黄の3色展開です。


ホック交換

201507061259473f5.jpg
サンダルのホックの交換のご紹介です。
ホックも消耗品ですので、使っているうちに、
かたくて外れなかったり、ゆるくなってすぐ外れるようになったりすることがあります。

20150706125945d4e.jpg
今回はかたくなったホックを無理矢理外そうとしてホック自体が破損してしまったそうです。

2015070612594726f.jpg
新しいホックに交換すれば大丈夫です。

20150706125949819.jpg
今回は両足交換しました。

20150706125951352.jpg
ホックは数種類サイズご用意しております。


ハーフラバー(埋め込みタイプ)

20150628185222f04.jpg
カカトの擦り減りと・・・

20150628185223730.jpg
元のソールのパーツが外れてなくなってしまったそうです。

201506281852259bb.jpg
元と同じように埋め込み式でハーフソールをとりつけました。

201506281852266d7.jpg
靴の屈曲に影響が出るため、
できる限り元のソールに近い曲がり具合になるようソールを選択しました。

201506281852277ef.jpg
もちろん、カカトも修理しています。

ウェッジソールのアッパーの抜け

2015062714145772c.jpg
夏場に多くなる修理のご紹介です。

20150627141500937.jpg
抜ける原因はいろいろですが、今回は合皮の経年劣化でしょうか。
抜けた部分の合皮の表面がはがれてしまっています。

2015062714150274c.jpg
今回は全体をばらして作業しました。
ウェッジソール側をみるとアッパーの合皮がはがれているのがわかります。

20150627141535856.jpg
再びぬけないように革と補強テープでがっちりつないで対策。
せっかくばらしたのでカカト側のストラップも補強しました。

2015062714154110b.jpg
後は組み立てなおして完成です。

20150627141539bb5.jpg
合皮はどうしても年月がたつと表面がはがれてくるなど劣化してきますが、
今回のお客様のように思い入れの強い靴であれば、
なんとかして永く履きたいですよね。
修理方法もお客様のご要望に合わせてご案内させていただいております。

アッパーの破れ修理

201506132141171a6.jpg
本日はアッパーのやぶれの修理のご紹介です。
やぶれた所を元通りには難しいですが、

2015061321405982c.jpg
モカ部分とをつないでいる革のパーツの縫い付け部分からパックリ裂けてしまっています。
お客様には、見た目的に修理箇所がかなり目立ってしまうことをご了承いただきました。

2015061321412656c.jpg
ライニング(靴の内側の革)との間に補強テープを内蔵しています。
(画像がわかりにくいですが・・・)

2015061321430042e.jpg
また裂けた箇所が開いてこないように、裂けた部分をまたぐようにミシンをかけました。
これで完成!


ではさすがに目立ちすぎるので・・・

20150613214302726.jpg
傷を隠すように似た色の革をあてました。
モカ部分とをつないでいる革は今回は横方向の縫い目だけを縫っています。

2015061321430547d.jpg
かなり目立つから、少し目立つぐらいにはもっていけたのではないでしょうか。


ヒールの巻替え修理

20150623150342cfe.jpg
ヒールを履かれている方ならほぼ経験があるのではないでしょうか

20150623150341eb0.jpg
ヒールの巻革の破れです。気づかない間にこうなっていることありませんか?

201506231503422dc.jpg
破れた革をのばして接着するとりあえずの方法もございますが、
今回はヒールを新しい革で巻き直しました。

20150623150344968.jpg
できるだけ元の革に近い革で修理しました。
(巻替え修理の際、リフトも交換になります)

20150623150346472.jpg
(ヒールプロテクター:コロンブス)
傷つく前の対策としてこういう商品もございます。

ヒール交換

本日は、・・・

ヒール交換のご紹介です。

20150622112359794.jpg
!!!


201506221124006bf.jpg
ヒールがつなぎ目の所で真っ二つに折れてしまっています。

2015062211240371e.jpg
ヒールを新しく交換しました。

201506221124048d7.jpg
ヒールはこの他にも数種類ご用意しております。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

訪問者

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
靴修理 (1)
婦人靴 (28)
中張り (7)
紳士靴 (12)
BIRKENSTOCK (3)
スニーカー (1)
オールソール (7)
商品紹介 (2)
お知らせ (3)
合鍵 (1)
材料紹介 (3)
クラークス (2)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

mqniji

Author:mqniji
ミスタークイックマン
なんばウォーク店です
お問い合わせはこちらへ↓
info@misterquickman.com

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。